アルベルト・フレイザーは、「リボン」をルーメンセンター・イタリアのためにデザインした作者。

アルベルト・フレイザー

アルベルト・フレイザーは、スコットランドのグラスゴーに生まれ育った。イタリア人の母とスコットランド人の父を持ち、両親二人ともがクラシック音楽の奏者だった。彼は、この二人から音楽、イタリア芸術、言語表現に対する深い愛情を受け継いだ。常に、デザインに対する情熱によって「ものづくり」や製造技術の研究に魅せられていた。そして、建築・工業デザインをアメリカで勉強した。「光」というテーマは、彼の職業的な重要課題だった。したがって、フレイザーは彼は照明機器や「光」のインスタレーションや研究プロジェクトを行った。二十年以上ミラノに住んでおり、国際的な企業のため技術的イノベーションに対する強い傾向を持って取り組んでいる。彼は、娘のパトリシアとともに「デザインワークス」社を開設。ここでは、アート、ファニチャー、照明、アクセサリーとユニークな作品を作成している。