エンリーコ・アッズィモンティは、「フォリアージュ」と「フリーダム」をルーメンセンター・イタリアのためにデザインした作者。

エンリーコ・アッズィモンティ

エンリーコ・アッズィモンティは1966年生まれの建築家・デザイナー。1994年には、ブスト・アルシーツィオに、ミラノとパリを結ぶ19世紀のナポレオン時代の街道に面した20世紀建築の製造所にデザインスタジオを開設。同氏は、ベネチアとサン・マリノの建築大学、ローマ大学サピエンツァ校、ミラノのマランゴーニ学院と共同製作を行っている。2006年よりミラノのヨーロッパ・デザイン学院で教鞭を取る。同氏の作品は、国際コンペティションや展示会で展示され、イタリア内外のメディアに掲載されている。同氏は、ルーメンセンター・イタリア、TVS、ラバッツァ、Fratelli Guzzini(グッツィーニ)、Coop、JVC、 Diamantini & Domeniconi(ディアマンティーニ&ドメニコーニ)、Risolì(リゾリ)、Zava (ザヴァ)、BLM グループなどのプロジェクトに参画。同氏の作品の一部は、バルセロナ装飾美術館の常設展示となっている。