ジャン=ミッシェル・ウィルモットは、「ワシントン」をルーメンセンター・イタリアのためにデザインした作者。

ジャン=ミッシェル・ウィルモット

ジャン=ミッシェル・ウィルモットは1975 年に自身の建築活動拠点である Wilmotte & Associatesをパリに設立。同社の活動は、建築事業から都市計画や製品デザイン、博物館の設計にまで及ぶ。現在、Wilmotte & Associates は、建築会社であるWilmotte & Associatesとデザインスタジオ Wilmotte & Industries という2つの主要な組織で構成されており、いずれの組織でも何百という企画が同時進行している。細部の装飾に高品質な素材を使用する折衷的なアプローチで知られる同氏は、ショッピングセンター、高級ホテル、住宅や公共施設など幅広い領域で建築設計を手掛ける。20カ国の国籍からなる201人のスタッフを抱える同氏の会社は、20カ国以上で活動を行っている。2005年には、既存の建物に最高水準の現代デザインを新世代の建築家に求めるため、Wilmotte Foundation を創設。